Topics

トピックス

A様邸 現場レポート

2022.2.17

秋田市内で施工中のA様邸では現在 内部仕上げ工事の真っ最中です。


左官作業を手伝わせていただきました。

やはり楽しい仕事です。

なにもない真っ平らな壁にコテでしっくいを塗っていく。

人の手と技術でデザインを仕上げていく。

そうして完成した壁が、住まい手と ともに永く時を重ねていくことを思うとワクワクします。

左官塗り壁の良い面は 、吸湿性・消臭の効果があること、つなぎ目のないシームレスな仕上がりや

自然素材がもつ味わいがあること。

デメリットは施工に時間やコストがかかること、ひびが入る可能性があることです。

当社では左官壁が割れにくいように、下地に左官用の紙クロスを使用し割れ防止の対策をしています。




永く住んでいただく住まいだからこそ

健康で経年変化も楽しめる素材はやはりいいですね。


Curand(クランド)では、住まいに関するご相談・ご質問を電話やメールにて受け付けております。
モデルハウス「手形山の家」の見学も可能です。
見学をご希望される場合は、事前にご予約をお願いいたします。

 

Tel:018-893-4747
E-Mail:info@curand.co.jp

トピックスに戻る

top page